土佐ジョン万会 趣意書

わが国は戦後、経済を中心に目を見張るほどの急速な発展を遂げてきた。そして、 バブル崩壊とその後の失われた10年とも20年とも言われる低迷の時代に突入し、 その上に東日本大震災と原子方発電所事故の追い討ちを受けてしまった。

国外においてはチュニジアを皮切りに、アルジェリア、ヨルダン、エジプト、 リビアといった順番で騒乱が広がった。またヨーロッパではギリシャをはじめ、 スペインやボルトガルの財政危機が明らかになるなど、かつての先進国の経済はすでに成長から成熟と停滞の時代に入っている。

アジア、アフリカ、南アメリカなど発展途上にある国々の経済成長が注目されているが、 今までのような外交・経済政策では我が国そのものが成り立たなくなってきている。 市場開放についてもすでに民間企業は、TPPを先取りするように次々と海外市場に向かって進んでいるのである。

このような大状況の中、同じ高知市にあって、土佐ジョン万次郎会と高知ジョン万会は同じ目的で活動しているのだから、 一緒になって協力しあってはどうかという周囲の方々の勧めがあり、互いに役員会の同意を得て、このたび両会は合併することになった。

ジョン万次郎は鎖国の時代にありながら、捕鯨船で世界を7周する一方、 アメリカで高等教育・航海術・測量技術などを学び、 10年後に帰国してからは江戸幕府の要人として日本の開国に貢献した。 今こそ我が国の閉塞を打破し、さらなる発展をはかるために、土佐から出発したジョン万次郎の精神を全国民に伝え、 学びあい、さらに啓発をすすめるために、本会を発足させた次第である。その目的のため次のような事業を行う。

21世紀に活躍する国際人を育て、文化・教育・経済などあらゆる側面で国際協調の精神に基づく事業を展開する。
国際交流の推進に寄与するため、歴史に興味がある方、ジョン万次郎を知りたい方、その精神を学びたい方、 英会話を学びたい方々と紙芝居・歌舞伎・英会話・古文書・音楽などを通じて学びあう。
また子どもたちや一般の方々へ、学びあいの中でジョン万次郎の事績を紹介するなど、地域に溶け込んで長く継続できる活動を行う。

2012年4月6日 発起人代表 内田泰史 高知ジョン万会
永国淳哉、田中祥夫、田村 聡、宮内重延、三宮洋一、山本敏子、三宮恵子

土佐ジョン万次郎会
内田泰史、大原泰輔、細川明夫、森 薫、吉永哲也、原 亜沙
 
土佐ジョン万会 組織情報

名 称 土佐ジョン万会 (Tosa John Mung Society)
所在地 〒780-0952  高知市塚ノ原37
電 話 088-843-6007
ファックス 088-854-3151
土佐ジョン万会役員

理 事 内田泰史、大原泰輔、細川明夫、田中祥夫、大﨑博士、森 薫、吉永哲也
監 事 宮内重延、水田耕吉
会 長 内田泰史
副会長 大原泰輔、細川明夫、田中祥夫
名誉顧問 中濱 京、山内豊功
顧 問 北代淳二、谷 是、岩崎義郎
事務局長 森 薫
監 査 宮内重延、水田耕吉
平成24年度 土佐ジョン万会 事業計画

基本方針

土佐ジョン万会事業は、高知ジョン万会と土佐ジョン万次郎会が合併することにより、
平成24年6月1日より平成25年5月31日までを平成24年度とする。

ジョン万は鎖国の時代にありながら、捕鯨船等で世界を7周する一方、アメリカで高等教育・航海術・測量技術などを学び、 10年後に帰国してからは江戸幕府の要人として日本の開国に貢献した。
今こそ我が国の閉塞を打破し、さらなる発展をはかるために、土佐から出発したジョン万の精神を全国民に伝え、 学びあい、さらに啓発をすすめるために、本会を発足させた、その目的のため次のような事業を行う。

21世紀に活躍する国際人を育て、文化・教育・経済などあらゆる側面で国際協調の精神に基づく事業を展開する。

10月、日本全国あるいは海外においてジョン万の精神を啓蒙する活動をしている会又は組織の方々を高知市に集い「ジョン万会大会」を開催する。

ジョン万漂流始まりの地には記念のモニュメントや案内があるが、帰国するときの沖縄上陸地点である、 糸満市米須大度海岸に現在は案内も何も無い状態であるので、ここに標識や記念碑を建てるための事業を行う。

定期的に月例会・学習会を開催して、ジョン万の歌舞伎・英会話・古文書・音楽などを通じて、 ジョン万の事績や精神を学び、国際交流の推進と地域に溶け込んだ活動を行う。

事業概要

  1. 「ジョン万会大会」
    土佐清水ジョン万祭り」が10月27日(土)に開催される、その翌日高知市にジョン万関係者・団体に集まっていただき交流・交歓できる会合を行う。

  2. 「沖縄上陸地点に碑を建立」
    出発地である土佐市宇佐には碑があるが、帰国のため上陸した沖縄県糸満市米須の大渡海岸に、 昭和54年に記念碑建立の運動が起こり建設されたといわれるが、現在は記念碑も案内も無い状態である。
    ここに記念碑を建立して、ジョン万の史跡を訪ねる方や観光客にもジョン万の事績や精神を知っていただくために、 多くの方々に呼びかけて、案内板と記念碑を建立するための活動を行う。

  3. 「月例会・学習会の開催」
    ジョン万に関係する、歌舞伎(明治21年に市川左団次主演で上演された万次郎の歌舞伎) ・英会話(「英米対話捷径」安政6年に刊行された日本で最初の英会話書) ・古文書(関連文書の読み解き) ・音楽(ジョン万の歌った世界の音楽) などを調べ、学び、楽しむための分科会を例会として開催する。
    その成果をニューズレターの発行やホームページを公開してこれらに発表する。
    学校や地域の活動に参加し、ジョン万に関する講演会等に講師の派遣・資料の提供を行う。

  4. 「ホームページの公開」
    現在のホームページをまとめ、リニューアルしたページを作成し、活動について頻繁に更新した情報を公開する。

  5. 「ニューズレターの発行」
    月例会・学習会の内容や成果、またジョン万についての行事やニュースを「中濱万次郎研究」として発行する。

 

 

    Copyright © 2013 Tosa John Mung Society. All Rights Reserved.